スピン分解超高分解能光電子分光装置の建設

物質の電子は、「エネルギー」、「運動量」、「スピン」という三つの物理量を持っていますが、通常の光電子分光では前者二つが決定できます。私たちの研究室では、さらに「スピン」を検出して電子の物理量を完全決定するために、ミニモット検出器を搭載した新型「バルク敏感スピン分解超高分解能光電子分光装置」の建設を進めています(図1)。スピン分解に必要なシグナル強度を得るために、新型高輝度低エネルギー光源「キセノンプラズマ放電管」を開発しました(図2)(新聞発表:キセノンプラズマ放電管の開発)

図1: 建設中のスピン分解光電子分光装置の概略図

図2: 新たに開発したキセノンプラズマ放電管


close