放射光を用いたナノ分光技術とスピントロニクスとの協奏
〜リサーチネットワークの形成に向けて〜
第11回放射光学会若手研究会
2019年8月22-23日, 東北大学片平さくらホール

Overview

スピントロニクスは、電子のもつ運動の自由度とスピン自由度の結合が、微小ナノ空間領域において顕在化することにより発現する様々なスピン現象を対象とする分野であり、世界的に熾烈な研究競争が展開されています。この点で、東北大学新⻘葉山キャンパスに新たに建設される次世代放射光施設は、ナノ領域を分光する放射光技術とスピントロニクスの融合により、新たな研究創発や産業創出においてブレークスルーをもたらす拠点となることが強く期待されています。さらに、SPring-8 のアップデート(SPring-8 II)により、日本国内における放射光研究は新たな局面を迎えることになります。この機会に、先端放射光科学とスピントロニクス分野の研究者が一堂に会して、スピントロニクス研究の現状を俯瞰し、 先端的放射光光源を用いて今後強力に推進すべき新しい研究開発の課題を明確にすることを本研究会の目的とします。また、若手研究者を主体とし、新たな研究ネットワークの形成を通じて革新的な融合研究を創生することを目指します。

【開催日時】
2019年8月22日(木)、23日(金)

​【場所】
東北大学片平さくらホール

【主催】
日本放射光学会

​【共催・後援】
東北大学大学院理学研究科
金属材料研究所
電気通信研究所
多元物質科学研究所
材料科学高等研究所
スピントロニクス学術連携研究教育センター
(東北大学・東京大学)
光・量子ビーム科学連携推進室

【世話人】
中山 耕輔(東北大学)、小林正起(東京大学)、大坪嘉之(大阪大学)

Speakers

飯浜賢志(東北大学)
岩澤英明(広島大学)
金井駿(東北大学)
佐藤浩司(東北大学)
塩見雄毅(東京大学)
鈴木明大(北海道大学)
鈴木基寛(高輝度光科学研究センター)
新見康洋(大阪大学)
橋本佑介(東北大学)
藤原宏平(東北大学)
堀場弘司(高エネルギー加速器研究機構)
宮田耕充(首都大学東京)
宮脇淳(東京大学)
山崎裕一(物質・材料研究機構)
山本倫久(理化学研究所)
矢治光一郎(東京大学)

(敬称略、五十音順)

Access

東北大学片平さくらホール

Registration

【参加費】
無料
​ ​【懇親会】
 日時:8月22日(木)18:00
 参加費:一般 5,000 円、学生 2,500 円
 場所:東北大学片平さくらホール

参加登録はこちら

事前登録締切
懇親会参加の場合:8月5日(月)
研究会のみ参加の場合:8月19日(月)

Contact

TOPへ