放射光を用いたナノ分光技術とスピントロニクスとの協奏
〜リサーチネットワークの形成に向けて〜
第11回放射光学会若手研究会
2019年8月22-23日, 東北大学さくらホール

Program

8月22日(木)
13:30–13:35 「はじめに」
                      中山耕輔(東北大学)

セッション1 :トポロジカル現象
13:35–14:05 「Bi/Ni薄膜におけるスピン輸送測定」
                      新見康洋(大阪大学)

14:05–14:35 「スピン分解光電子分光 3.0」
                      矢治光一郎(東京大学)

14:35–15:05 「磁性絶縁体|超伝導量子渦系におけるトポロジカル整流効果」
                      塩見雄毅(東京大学)

15:05–15:35 「新放射光施設で期待されるスピントロニクス材料のオペランド顕微計測」
                      山崎裕一(物質・材料研究機構)

15:35–16:05   休憩
セッション2 :スピン・電荷励起
16:05–16:35 「可視光で見るスピン波伝搬過程」
                      橋本佑介(東北大学)

16:35–17:05 「磁性体におけるトポロジカルなスピン波とKrein空間について」
                       佐藤浩司(東北大学)

17:05–17:35 「共鳴非弾性軟X線散乱による磁性研究と次世代放射光施設での展開」
                       宮脇淳(東京大学)

18:00–20:00    研究交流会

8月23日(金)
セッション3 :原子層物質
9:00–9:30     「グラフェンを用いたスピンバレートロニクス」
                      山本倫久(理化学研究所)

9:30–10:00   「高移動度スズ系酸化物の薄膜合成と界面伝導評価」
                      藤原宏平(東北大学)

10:00–10:30 「原子層ヘテロ構造の成長と評価」
                      宮田耕充(首都大学東京)

10:30–11:00   休憩
セッション4 :スピンデバイス
11:00–11:30 「スピントロニクス材料の不揮発性記憶素子応用」
                      金井駿(東北大学)

11:30–12:00 「スピンバルブ構造におけるスピン流を介した光誘起磁化反転」
                      飯浜賢志(東北大学)

12:00–12:30 「放射光磁気イメージングの進展とスピントロニクス研究への展望」
                      鈴木基寛(高輝度光科学研究センター)

12:30–13:50   昼食
セッション5 :ナノ分析
13:50–14:20 「ナノARPESによる局所電子状態の観測」
                      岩澤英明(広島大学)

14:20–14:50 「X線レーザー回折による溶液試料のナノ構造分析」
                      鈴木明大(北海道大学)

14:50–15:20 「ナノ光電子分光によるピンポイント電子状態観測」
                      堀場弘司(高エネルギー加速器研究機構)

15:20–15:30   小休憩
総合討論
15:30–16:30 「ナノスピン放射光科学のリサーチネットワーク構築に向けて」

TOPへ